〒350-1102 埼玉県川越市的場北2-12-7 2F
一般社団法人 東京国際大学霞会
電話番号 / FAX
049ー232ー2080
049ー233ー3314
(月〜金)9:00~18:00
doso@tiu.ac.jp

「東京国際大学霞会」の会員サービスをご案内いたします。

活動報告2017-08-31T07:30:00+00:00
211, 2014

一般社団法人東京国際大学霞会 設立記念講演会開催報告

2014/11/02|

去る11月2日(日)「一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会」後に、川越プリンスホテルにて「設立記念講演会」が開催されました。

まず初めに倉田理事長・総長より「法人設立」に対するお祝いのお言葉を頂戴し、高橋学長より「わが半生と母校」をテーマにご講演頂きました。国際商科大学との出会いから、大学及び大学院での恩師や友人との出会い、そして教員として国際商科大学へ戻り、「世界で競争する東京国際大学」グローバル化についてお話をして頂きました。高橋学長のご講演が終わりましてから懇親会となりました。加藤副会長より開会の辞、君野会長より主催者挨拶に引き続き、霞会初代会長・尾谷様に乾杯のご発声をお願いし、第2代目会長・金子様、第4代目会長・東村様より同窓会の歴史についての経緯が話されました。最後は校歌を斉唱し、落合副会長の閉会の辞で「設立記念講演会」を閉会致しました。

 

211, 2014

一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会開催報告

2014/11/02|

去る11月2日(日)東京国際大学 第1キャンパス 6号館 1階 615教室において「一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会」が開催され、浅見寿男氏(2期・商学部卒)が司会進行を行い、社員総会が行われました。

君野会長より、法人設立の経緯について説明を行いました。東京国際大学同窓会は、昭和49年に「国際商科大学同窓会」として設立以来、今年で40周年を迎え今回法人設立ということとなりました。「法人化」の協議は長い時間を掛けて行われ、13年前の平成13年1月27日に開催された常任幹事会に於いて、「中間法人創設法案」に基づき「中間法人」が検討され、その後「NPO法人」も検討されましたが法人設立には至りませんでした。平成19年3月24日 常任幹事会において、法人化の協議は一旦中断し、法人設立を見送りましたが、平成20年12月1日に「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」いわゆる『法人法』が施行され、大学同窓会組織のような「限られた特定の者のみが、その利益を享受できる活動を行う団体」で、且つ「非営利性が徹底され、共益的活動を目的とする法人」の設立が法律で制度化されました。平成23年12月3日に正副会長・委員長を招集し「第1回法人化準備委員会」を開催。他大学同窓会の定款を参考にし、公益事業増進機構・谷本様に規程作成を依頼し、審議を重ねました。5万人近い卒業生で選挙を行なうことは難しい為、代議員制を取ることとなり、60名以上500名以内の代議員と定款に記載し、昨年の立候補により234名の代議員を選任。設立時理事・監事として旧霞会常任幹事と監査の中から「理事22名」と「監事2名」の方々を推薦。新たに代議員として役員に立候補者の中から「理事8名」、「監事1名」を指名、最終的に理事30名・監事3名を「選任」し、常任幹事会にて会長一任との決議より役員の就任承諾を得ました。司法書士・今井先生及び税理士・水野先生にご尽力頂き、平成26年9月1日 設立登記。また、法人設立後の9月20日に開催された「第1回理事会」に於いて会長並びに副会長が「選出」及び「承認」されており、報告ならびに自己紹介をさせて頂きます。

4期 商学部卒:君野信太郎会長より、自己紹介及び副会長紹介。
6期 商学部卒:副会長 落合正和
10期 商学部卒:副会長 下羽初江
13期 商学部卒:副会長 加藤清

続いて資料確認と資格審査が行われました。定款 第19条「社員総会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した社員の議決権の過半数をもって行う。」及び 第20条「社員総会に出席できない社員は、他の社員を代理人として議決権の行使を委任することができる。」
総社員数:234名
本日の出席者:58名
本日の欠席者176名(内、有効な「委任状 兼 議決権行使書」提出者86名)
本日の出席者および委任状 兼 議決権行使書は合わせて144名。よって定足数を満たしているため、社員総会は有効に成立したことを事務局・佐藤より報告致しました。

続きまして議長・議事録認証者・書記の選出が行われ、下記の選出及びご承認を頂きました。
議長:君野信太郎
議事録認証者:君野信太郎 池田稔  勝山嘉彦
書記:事務局・佐藤純子

君野議長による議事進行で、以下の議案承認を行いました。

1.第1号議案 役員(理事・監事)承認の件

2.第2号議案 定款にさだめる規程(会費規程・入退会規程・監事監査規程・社員総会運営規程)の承認の件。

3.第3号議案 平成26年度任意団体霞会(東京国際大学同窓会)活動報告の件(平成26年4月1日~平成26年8月31日)

4.第4号議案 平成26年度任意団体霞会(東京国際大学同窓会)決算報告承認 の件(平成26年4月1日~平成26年8月31日)

5.第5号議案 平成26年度一般社団法人東京国際大学霞会事業計画(案)承認の件(平成26年9月1日~平成27年8月31日)

6.第6号議案  平成26年度一般社団法人東京国際大学霞会収支予算(案)承認の件 (平成26年9月1日~平成27年8月31日)

上記議案は、滞りなくすべて承認されました。

111, 2014

平成26年度 第1回全国支部長会議開催報告

2014/11/01|

平成26年11月1日(土)「ステーションコンファレンス池袋」において「平成26年度 第1回全国支部長会議」が開催されました。

君野会長より「霞会も大詰めを迎えており、9月1日 一般社団法人設立登記、明日11月2日 設立社員総会となっております。3年近く法人設立の準備を進め、形が出来上がって参りました。まだ規程についても詳細を詰めていかなければならない部分もございますが、時間を掛け我々にとっていいものを作り上げていきたいと考えております。慎重なご審議を賜わりたい。」とご挨拶されました。

全国支部連合 尺田代表の挨拶では、「約3年に亘り社団法人化を目指し、9月1日 設立登記を行い、『法人組織』として歩み始めました。社会に認知され、責任ある予算運営及び財産管理を行わなければなりません。明日は設立社員総会が開催され、全国支部長会議も一新すべき時であります。今回法人化に伴い新たな支部規程を検討する必要がございます。そして支部連合代表を8年間務めて参りましたが、今回で人選を一新し、新しい役員で新たにスタートを切るべきであると考えます。大変長い間、皆様にご愛顧頂いたことに感謝を述べると共に、新たなるスタートに対し、熱心に討議をして頂きたい。」とお話しされました。

全国支部連合 平井副代表が司会進行に任命され以下の内容が討議されました。

【討議事項】

① 新執行部の選任
支部連合代表:大分県 横山義雄 支部長
支部連合副代表:秋田県 石井秀雄 支部長、富山県 津幡拓 支部長
支部監査:宮城県 川村重忠 支部長

※新執行部により新規運営に即した規定・規約の整備(補則・改正・変更等)が急務であることが確認されました。

② 支部長と理事の兼任について
義間一志副代表より、今回支部長は理事には選任出来ないと決まりましたが、2年後は支部長が理事に選任されるのか否かを現段階より決定すべきとの意見があり、落合正和副会長より明日「設立社員総会」にて理事30名・監事3名選任されます。現在は、各支部に助成金が振り込まれている為、支部長を理事に選任することは会計上問題があると判断しましたが、支部連合宛てに1本化され、助成金が振り込まれるのであれば、支部長が理事に選任されても個人的には特に問題は無いと思いますと回答されました。

③  その他
平井久雄副代表より、下記3つのご提案がございました。
(1)支部連合代表の名称は、支部連合会長などに変更すべきではないでしょうか。
(2)支部連合という名称も検討が必要ではないでしょうか。
(3)全国支部長会議は年2回行い、1回は東京・もう1回は持ち回りとし「各県」で行う方が、意見が反映されやすいのではないでしょうか。

尺田庸次代表より、下記の回答がなされました。
(1)霞会本部が『会長』の為、支部と分ける為に『代表』という名称にした経緯がございます。
(2)全国支部長会議は年1回で、支部総会を各地で行なえば問題無いと思いますと回答されました。数名の支部長より、全国支部長会議を2回行う場合は予算を組まなければ実施出来ないとの意見が出ましたので、今年度から実施ではなく、数年後からでも検討すべきであると平井久雄副代表よりご提案がなされました。

111, 2014

第48回秋霞祭 並びに 第5回ホームカミングデイ開催報告

2014/11/01|

去る11月2日(日)、大学主催による「第5回ホームカミングデイ」が秋霞祭期間中に合わせて開催されました。(11月2日(日)3日(月)第48回秋霞祭開催)天気は曇りのち雨の予報でしたので、外での催し等が心配されましたが、お天気も曇りで雨は降らなかった為、大勢の来場者がキャンパスを訪れました。

午後1時からは、サッカー部 前田秀樹監督による講演会が、第1キャンパス6号館1階615教室にて開催され、監督就任当初部員数20名に満たないチームを埼玉県大学サッカーリーグ2部から2014年には関東大学サッカーリーグ1部に昇格させ、部員数も現在400名を超えるまでに成長した経緯を語って下さいました。また同教室において「チアリーディング部による演技」や抽選会にて前田秀樹監督のサイン入りボールやタオルがプレゼントされるなど、会場は大いに盛り上がりました。

午後2時30分発、学内バスにて坂戸キャンパスツアーが実施されました。第1キャンパス2号館前にて東京国際大学サポーターズクラブ ☆どるふぃんスポーツ募金が行われ、3,000円以上募金の方に ホームカミングデイ限定 マフラータオルのプレゼントがあり、様々な年代の卒業生が参加して下さいました。

3107, 2014

平成26年度全国支部長会議開催報告

2014/07/31|

平成26年6月28日(土)「ステーションコンファレンス池袋」において「平成26年度全国支部長会議」が開催されました。

会長挨拶では、本日の定例総会は任意団体最後の総会となり、9月1日に一般社団法人設立登記、11月2日に設立総会開催についてお話しされました。全国支部連合 尺田代表挨拶では、今年で全国支部長会議は27回目を迎えます。昨年は、法人化に伴い12月の多忙な時期に「代議員立候補」を行いました。新しい組織の予算運営、新しい組織の規程が決められていくと考えられます。その為、今回の会議で闊達な発言をお願いしますと話されました。

全国支部連合 平井副代表が司会進行に任命され以下の内容が討議されました。

【討議事項】
1.一般社団法人「理事選出について」
2.支部助成金について
3.一般社団法人後の理事会と支部長会のあり方について

211, 2014

一般社団法人東京国際大学霞会 設立記念講演会開催報告

2014/11/02|

去る11月2日(日)「一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会」後に、川越プリンスホテルにて「設立記念講演会」が開催されました。

まず初めに倉田理事長・総長より「法人設立」に対するお祝いのお言葉を頂戴し、高橋学長より「わが半生と母校」をテーマにご講演頂きました。国際商科大学との出会いから、大学及び大学院での恩師や友人との出会い、そして教員として国際商科大学へ戻り、「世界で競争する東京国際大学」グローバル化についてお話をして頂きました。高橋学長のご講演が終わりましてから懇親会となりました。加藤副会長より開会の辞、君野会長より主催者挨拶に引き続き、霞会初代会長・尾谷様に乾杯のご発声をお願いし、第2代目会長・金子様、第4代目会長・東村様より同窓会の歴史についての経緯が話されました。最後は校歌を斉唱し、落合副会長の閉会の辞で「設立記念講演会」を閉会致しました。

 

211, 2014

一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会開催報告

2014/11/02|

去る11月2日(日)東京国際大学 第1キャンパス 6号館 1階 615教室において「一般社団法人東京国際大学霞会 設立社員総会」が開催され、浅見寿男氏(2期・商学部卒)が司会進行を行い、社員総会が行われました。

君野会長より、法人設立の経緯について説明を行いました。東京国際大学同窓会は、昭和49年に「国際商科大学同窓会」として設立以来、今年で40周年を迎え今回法人設立ということとなりました。「法人化」の協議は長い時間を掛けて行われ、13年前の平成13年1月27日に開催された常任幹事会に於いて、「中間法人創設法案」に基づき「中間法人」が検討され、その後「NPO法人」も検討されましたが法人設立には至りませんでした。平成19年3月24日 常任幹事会において、法人化の協議は一旦中断し、法人設立を見送りましたが、平成20年12月1日に「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」いわゆる『法人法』が施行され、大学同窓会組織のような「限られた特定の者のみが、その利益を享受できる活動を行う団体」で、且つ「非営利性が徹底され、共益的活動を目的とする法人」の設立が法律で制度化されました。平成23年12月3日に正副会長・委員長を招集し「第1回法人化準備委員会」を開催。他大学同窓会の定款を参考にし、公益事業増進機構・谷本様に規程作成を依頼し、審議を重ねました。5万人近い卒業生で選挙を行なうことは難しい為、代議員制を取ることとなり、60名以上500名以内の代議員と定款に記載し、昨年の立候補により234名の代議員を選任。設立時理事・監事として旧霞会常任幹事と監査の中から「理事22名」と「監事2名」の方々を推薦。新たに代議員として役員に立候補者の中から「理事8名」、「監事1名」を指名、最終的に理事30名・監事3名を「選任」し、常任幹事会にて会長一任との決議より役員の就任承諾を得ました。司法書士・今井先生及び税理士・水野先生にご尽力頂き、平成26年9月1日 設立登記。また、法人設立後の9月20日に開催された「第1回理事会」に於いて会長並びに副会長が「選出」及び「承認」されており、報告ならびに自己紹介をさせて頂きます。

4期 商学部卒:君野信太郎会長より、自己紹介及び副会長紹介。
6期 商学部卒:副会長 落合正和
10期 商学部卒:副会長 下羽初江
13期 商学部卒:副会長 加藤清

続いて資料確認と資格審査が行われました。定款 第19条「社員総会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した社員の議決権の過半数をもって行う。」及び 第20条「社員総会に出席できない社員は、他の社員を代理人として議決権の行使を委任することができる。」
総社員数:234名
本日の出席者:58名
本日の欠席者176名(内、有効な「委任状 兼 議決権行使書」提出者86名)
本日の出席者および委任状 兼 議決権行使書は合わせて144名。よって定足数を満たしているため、社員総会は有効に成立したことを事務局・佐藤より報告致しました。

続きまして議長・議事録認証者・書記の選出が行われ、下記の選出及びご承認を頂きました。
議長:君野信太郎
議事録認証者:君野信太郎 池田稔  勝山嘉彦
書記:事務局・佐藤純子

君野議長による議事進行で、以下の議案承認を行いました。

1.第1号議案 役員(理事・監事)承認の件

2.第2号議案 定款にさだめる規程(会費規程・入退会規程・監事監査規程・社員総会運営規程)の承認の件。

3.第3号議案 平成26年度任意団体霞会(東京国際大学同窓会)活動報告の件(平成26年4月1日~平成26年8月31日)

4.第4号議案 平成26年度任意団体霞会(東京国際大学同窓会)決算報告承認 の件(平成26年4月1日~平成26年8月31日)

5.第5号議案 平成26年度一般社団法人東京国際大学霞会事業計画(案)承認の件(平成26年9月1日~平成27年8月31日)

6.第6号議案  平成26年度一般社団法人東京国際大学霞会収支予算(案)承認の件 (平成26年9月1日~平成27年8月31日)

上記議案は、滞りなくすべて承認されました。

111, 2014

平成26年度 第1回全国支部長会議開催報告

2014/11/01|

平成26年11月1日(土)「ステーションコンファレンス池袋」において「平成26年度 第1回全国支部長会議」が開催されました。

君野会長より「霞会も大詰めを迎えており、9月1日 一般社団法人設立登記、明日11月2日 設立社員総会となっております。3年近く法人設立の準備を進め、形が出来上がって参りました。まだ規程についても詳細を詰めていかなければならない部分もございますが、時間を掛け我々にとっていいものを作り上げていきたいと考えております。慎重なご審議を賜わりたい。」とご挨拶されました。

全国支部連合 尺田代表の挨拶では、「約3年に亘り社団法人化を目指し、9月1日 設立登記を行い、『法人組織』として歩み始めました。社会に認知され、責任ある予算運営及び財産管理を行わなければなりません。明日は設立社員総会が開催され、全国支部長会議も一新すべき時であります。今回法人化に伴い新たな支部規程を検討する必要がございます。そして支部連合代表を8年間務めて参りましたが、今回で人選を一新し、新しい役員で新たにスタートを切るべきであると考えます。大変長い間、皆様にご愛顧頂いたことに感謝を述べると共に、新たなるスタートに対し、熱心に討議をして頂きたい。」とお話しされました。

全国支部連合 平井副代表が司会進行に任命され以下の内容が討議されました。

【討議事項】

① 新執行部の選任
支部連合代表:大分県 横山義雄 支部長
支部連合副代表:秋田県 石井秀雄 支部長、富山県 津幡拓 支部長
支部監査:宮城県 川村重忠 支部長

※新執行部により新規運営に即した規定・規約の整備(補則・改正・変更等)が急務であることが確認されました。

② 支部長と理事の兼任について
義間一志副代表より、今回支部長は理事には選任出来ないと決まりましたが、2年後は支部長が理事に選任されるのか否かを現段階より決定すべきとの意見があり、落合正和副会長より明日「設立社員総会」にて理事30名・監事3名選任されます。現在は、各支部に助成金が振り込まれている為、支部長を理事に選任することは会計上問題があると判断しましたが、支部連合宛てに1本化され、助成金が振り込まれるのであれば、支部長が理事に選任されても個人的には特に問題は無いと思いますと回答されました。

③  その他
平井久雄副代表より、下記3つのご提案がございました。
(1)支部連合代表の名称は、支部連合会長などに変更すべきではないでしょうか。
(2)支部連合という名称も検討が必要ではないでしょうか。
(3)全国支部長会議は年2回行い、1回は東京・もう1回は持ち回りとし「各県」で行う方が、意見が反映されやすいのではないでしょうか。

尺田庸次代表より、下記の回答がなされました。
(1)霞会本部が『会長』の為、支部と分ける為に『代表』という名称にした経緯がございます。
(2)全国支部長会議は年1回で、支部総会を各地で行なえば問題無いと思いますと回答されました。数名の支部長より、全国支部長会議を2回行う場合は予算を組まなければ実施出来ないとの意見が出ましたので、今年度から実施ではなく、数年後からでも検討すべきであると平井久雄副代表よりご提案がなされました。

111, 2014

第48回秋霞祭 並びに 第5回ホームカミングデイ開催報告

2014/11/01|

去る11月2日(日)、大学主催による「第5回ホームカミングデイ」が秋霞祭期間中に合わせて開催されました。(11月2日(日)3日(月)第48回秋霞祭開催)天気は曇りのち雨の予報でしたので、外での催し等が心配されましたが、お天気も曇りで雨は降らなかった為、大勢の来場者がキャンパスを訪れました。

午後1時からは、サッカー部 前田秀樹監督による講演会が、第1キャンパス6号館1階615教室にて開催され、監督就任当初部員数20名に満たないチームを埼玉県大学サッカーリーグ2部から2014年には関東大学サッカーリーグ1部に昇格させ、部員数も現在400名を超えるまでに成長した経緯を語って下さいました。また同教室において「チアリーディング部による演技」や抽選会にて前田秀樹監督のサイン入りボールやタオルがプレゼントされるなど、会場は大いに盛り上がりました。

午後2時30分発、学内バスにて坂戸キャンパスツアーが実施されました。第1キャンパス2号館前にて東京国際大学サポーターズクラブ ☆どるふぃんスポーツ募金が行われ、3,000円以上募金の方に ホームカミングデイ限定 マフラータオルのプレゼントがあり、様々な年代の卒業生が参加して下さいました。

3107, 2014

平成26年度全国支部長会議開催報告

2014/07/31|

平成26年6月28日(土)「ステーションコンファレンス池袋」において「平成26年度全国支部長会議」が開催されました。

会長挨拶では、本日の定例総会は任意団体最後の総会となり、9月1日に一般社団法人設立登記、11月2日に設立総会開催についてお話しされました。全国支部連合 尺田代表挨拶では、今年で全国支部長会議は27回目を迎えます。昨年は、法人化に伴い12月の多忙な時期に「代議員立候補」を行いました。新しい組織の予算運営、新しい組織の規程が決められていくと考えられます。その為、今回の会議で闊達な発言をお願いしますと話されました。

全国支部連合 平井副代表が司会進行に任命され以下の内容が討議されました。

【討議事項】
1.一般社団法人「理事選出について」
2.支部助成金について
3.一般社団法人後の理事会と支部長会のあり方について