一般社団法人「東京国際大学霞会」

会員の広場

東京国際大学
東京国際大学キャンパスライフサポート

このコーナーでは会員の皆様から寄せられた思い出やとっておきのお勧め情報など、様々なメッセージをお伝えするコーナーです。

メダリスト来局!

2017年6月26日

p_20170626_001.jpg

622()に同窓生の大河原正晴様が、シニアのオリンピックと呼ばれる「WORLD MASTERS GAMES 2017」のメダルを胸に、東京国際大学霞会の事務局に凱旋報告に来られました。


p_20170626_002.jpg

大河原さんは、35期経済学部国際経済学科卒です。

在学中は、栗林純夫先生のゼミで学び、交換留学生として中国山西大学でも学んでいます。

また、クラブ活動は都立保谷高校から本格的に打ち込んでいるバドミントン部に所属していました。今でも時々東京国際大学バドミントン部に顔を出し、ボランティアで選手の指導や監督としてお手伝いをいただいています。

現在は、バドミントン選手として活動しながら培ったトレーニングと栄養の知識と、各種指導資格(トレーニング、ピラティス、ヨガ等)を基に、フリーランスのパーソナルトレーナーとして各地で活動を行っています。(体力向上・姿勢改善・筋力や柔軟性を上げたい等々ご要望がございましたら、ご相談を承りますとのことです。)

また留学経験を活かし、スポーツを通しての海外交流にも尽力をされています。

http://profile.ameba.jp/samuraibadminton/

 


今回大河原さんが獲得したメダルは、国際マスターズゲーム協会が主宰する、生涯スポーツにおける世界最高峰の国際競技大会「ワールドマスターズゲームズ2017オークランド大会」です。

通称シニアのオリンピックとも呼ばれ、オリンピックと同様4年に1回オリンピックの翌年に開催され、9回目となる今大会には世界100の国・エリアから約25,000(内日本人約400)が参加し、ニュージーランド・オークランドの各会場で28競技45種目が開催されました。

元水泳オリンピック金メダリストの鈴木大地スポーツ庁長官が10㎞マラソンへの出場や、前回大会の陸上種目で金メダルを獲得したタレントの武井壮選手が、今回はスカッシュで元世界女王に挑戦したことでも有名です。

大河原さんは、今大会のバドミントン競技で最もレベルの高いAグレード(オープンクラス)へ出場しました。

出場した種目は、35歳以上のシングルス・混合ダブルス・ダブルスで、シングルスと混合ダブルスは惜しくもメダルは逃しましたが4位入賞、そしてダブルスでは見事銅メダルを獲得しました。決勝トーナメントで対戦し、優勝した相手は元オリンピック金銀メダリストのペアだったそうです。


https://www.imga.ch/en/data/4


http://www.tournamentsoftware.com/sport/tournament.aspx?id=29224E85-C779-493C-BE76-29F9627F426A

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201704211126/


http://theborderless.jp/3756/


ダブルス表彰式

優勝チームは、シドニー五輪 金・銀メダリストの、インドネシアペアp_20170626_003.jpg

 表彰式後、日本チームで記念撮影


今後の活動については、9月にインドで開催される、バドミントン第8回世界シニア選手権への出場を予定しています。

2015年度と2016年度のバドミントン全日本シニア大会の混合ダブルス35歳以上のクラスで2年連続3位に入賞し、世界シニア大会への日本代表としての出場権を獲得。

自身で時間と旅費や参加費を工面しての自費参加となりますが、初参加初メダル獲得が目標だそうです。

そして今回出場した「ワールドマスターズゲームズ」が、次回東京オリンピックの翌年となる2021年に日本の関西で開催されますので、それに向けて競技とトレーニングを続けていくそうです。

 

今後の益々のご活躍を期待すると同時に、同窓生のご健闘を応援しましょう!

東京国際大学サッカー部創部50周年祝賀会開催報告

2017年6月26日

p_20170616_001.jpg

 2017616日(金)、ステーションコンファレンス池袋にてサッカー部創部50周年祝賀会を開催いたしました。


 祝賀会開催に先立ち、旧国際商大サッカー部OB会及び東京国際大のサッカー部OBとの統一の「東京国際大学サッカー部OB会」の設立総会を行いました。

 旧サッカー部OB会長の笠原敬三氏が退任し、「東京国際大学サッカー部OB会」新会長として土井達也氏が選任されました。


 当日はお忙しい中、理事長・総長倉田信様、サッカー部現監督前田秀樹様、GM鬼塚忠久様にもご光臨賜りました。特に、倉田理事長・総長からは貴重なご挨拶を頂き、サッカー部として心強く今後の発展につながる有意義な祝賀会となりました。

 また、平日にもかかわらず遠く長崎、熊本などから34名の方々がお集まりいただきました。


 今後55周年、60周年、更には100周年とこのような祝賀会ができるようOB・現役ともに頑張って参りますので、サッカー部への皆様方のご支援を宜しくお願い申し上げます。


サッカー部OB会  當間 裕


p_20170616_002.jpg


E.S.S OB会有志の会「霞舟会」新年会 開催報告

2017年2月17日

83ESS OB会有志の会「霞舟会」新年会を、2017120日金曜日、銀座インド料理「カイバル」にて開催いたしました。

出席者は小山健一、岩崎良一、本間正人、橋口昇、菊地誠一、大崎照一の6名。

インド北部の料理を堪能いたしました。

次回第84回暑気払いは銀座で開催予定です。

 

遅れましたが昨年同期8期の前田洋一郎君が亡くなりました。

ご冥福をお祈りするとともにご報告いたします。

 

幹事 大崎

名取洋之助写真賞受賞

2016年11月24日

「名取洋之助写真賞」とは、日本写真家協会が主催し、新進写真家の発掘と活動を奨励するために主としてドキュメンタリー分野で活躍している35歳までの写真家を対象とした賞です。

この栄えある、2016年第12回「名取洋之助写真賞」を、40期国際関係学部卒 川上真氏(西舘崇ゼミ)が受賞しました。

川上氏は、TIU在学中よりカメラ片手にモンゴルのスタディツアーなどに参加し、学内広報誌の写真撮影などにも協力し、現在はイギリスに拠点をおき、欧州の変動や移民問題などの撮影活動に従事しているとのことです。

 

川上氏の受賞作品「枝川・十畳長屋の五郎さん」は、来年の受賞作品展(東京・大阪)で見られるそうです。

 

詳しくは以下を参照ください。

★公益社団法人日本写真家協会2016年第12回名取洋之助写真賞受賞者発表

http://www.jps.gr.jp/201612natoriaward

 

東京国際大学HPにも取り上げられております。

http://www.tiu.ac.jp/news/detail/20161110_ir.html

アメリカンフットボール部創部50周年 記念祝賀会 開催報告

2016年8月 1日

p_20160709_01.jpg

平成28年7月9日(土)、池袋のホテルメトロポリタンにてアメリカンフットボール部の創部50周年記念祝賀会を開催いたしました。

当日は生憎の天候にもかかわらず、倉田理事長・総長、高橋学長にもご光臨賜りました。また、関東学生アメリカンフットボール連盟の神戸理事長をはじめ、各大学のアメリカンフットボール部監督等大勢の方々にもご出席賜り、本学アメリカンフットボール部のOB・OG・現役含め総勢300名規模の盛大な祝賀会を開催することができました。

50年間の歴史を綴った映像上映には処々で歓声があがり、懐かしさと辛くとも楽しかった思い出がオーバーラップしてOB・OG・現役が一体となり、更にはチアリーディング部による演技披露もあり華やかな式典となりました。

これからも60年、70年、更には100年と、このような式典開催が出来ますようOB・OG・現役共に力を合わせて頑張ってまいりますので、今後ともアメリカンフットボール部の応援、宜しくお願い致します。

 

アメリカンフットボール部OB・OG会副会長

50周年記念実行委員長

井上正英

 

p_20160709_02.jpg

|ページ:1  2