一般社団法人「東京国際大学霞会」

霞賞

霞賞制定の主旨

東京国際大学同窓会の活動目的の一環として、スポーツ活動及び文化活動を通じて優秀な成績を収めた団体及び個人を表彰する事により、その活動を後援する。又、その栄誉を称え表彰授与式を開催する事により、大学関係者及び卒業生の交流、親睦を計り、東京国際大学と当会の発展に寄与する事を目的とする。

【選考基準】
東京国際大学の名誉を高揚させる顕著な成績や功績を収めた者。
一般社会においてスポーツ活動及び文化活動を通じてきわめて顕著な功績と評価された者。

2015年 霞賞授与式報告

p_20150311_05.jpg

2015年霞賞授与式は110日(土)「2015年一般社団法人東京国際大学霞会賀詞交歓会」において行われました。

 

・落合雅治 様( 4期 商学部卒)

・伊藤雅晴 様(24期 商学部卒)

 

2015年は、上記2名様が霞賞を受賞されました。霞賞特別賞として「文部科学大臣杯第49回全日本大学女子ソフトボール選手権大会」に優勝した「女子ソフトボール部」へ目録が贈られました。

 

 

 

 

p_20150311_06.jpg落合 雅治 様(4期 商学部卒) 

JAC Recruitment Asia 取締役

2013年までJAC Recruitment Singapore社長及びJAC Recruitment Asia, Chief Operation Officer

 

1989年以来、シンガポール在住26年。JAC Recruitment Asiaの経営者としてアジアではトップクラスの人材紹介会社に拡大。これまで数多くの卒業生が社員として活躍し、多数の卒業生のアジア就職・転職にも大きな貢献を行う。

*弊社アジア転職サイトwww.jac-recruitment.asia.com

2004年に霞会のシンガポール支部を立ち上げ、唯一の海外支部としての同窓会活動に寄与。

・シンガポール、マレーシア、タイなど東南アジアにおける卒業生のビジネスネットワークづくりにも貢献。アジアの各業界で活躍中のOBを始め、一流企業の経営者などと交流を持つ。

(受賞者コメント)

本日は名誉ある霞賞を頂き、誠にありがとうございます。1972年に鹿島ゼミを卒業し、1989年以来シンガポールに26年在住しております。JAC Recruitment Asiaは現在9か国20拠点にあり、シンガポールの1部上場を目指して、多数の卒業生が活躍しております。卒業生のアジア転職にも大きく寄与して参りました。2004年霞会シンガポール支部を立ち上げ、毎年色々な活動を行い、アジア在住OBのネットワークを拡大しております。本日の受賞を機に、海外からの1万人近い卒業生と共に霞会の海外支部が設立されるよう、卒業生が本学の教育理念である"真の国際人"として活躍できるように尽力をして行く所存です。本日は本当にありがとうございました。

 

 

p_20150311_07.jpg伊藤 雅晴 様(24期 商学部卒)

・小学校2年(7歳)の時、父親の影響で地元の埼玉県越谷市で柔道を始める。
・地元の公立中学、高校に進学、柔道部に所属。

1988年東京国際大学に入学すると同時に柔道部に入部。4年次には主将を務める。
・卒業・就職後は地元の道場に通い、小中学生の指導の傍ら稽古を続ける。

・その後数回の転勤があるがその度にその地域の道場に通い、稽古を続ける。
・現在の所属は越谷柔道会。主な稽古先は東京都の中央区柔道会。

2014年日本ベテランズ国際柔道大会73kg級銅メダル

 

(受賞者コメント)

24期 商学部卒の伊藤と申します。本日はこの様な「賞」を頂き、大変光栄であります。柔道を長く続けてきたことで、評価して頂き、この場に立つことが出来ました。柔道はオリンピック種目でもありますので、皆様もご存じのことと思います。柔道は、中学生までの「少年柔道」、高校生から30代前半まで「競技柔道」、その後「生涯柔道」と別れており、「競技柔道」で辞めてしまう人が多いのですが、本当は「競技柔道」で身に付けた高い技術を次の世代に引き継ぐ必要がございます。

私自身「少年期」より沢山の素晴らしい先生方に巡り合い、来月45歳になりますが、柔道を今まで続けて来られたのも、その指導者のお蔭であると感謝しております。今回出場した「日本ベテランズ国際柔道大会」も多くの先生方や強化選手であった方々が、沢山いらっしゃいました。若い選手達がベテランの方々の柔道を見て、邁進して頂きたいと思います。今回の受賞は、大変励みとなり、今後も出来る限り頑張っていこうと考えております。本日は、誠にありがとうございました。

 

 

|ページ:1  2  3